Welcome to the Bluemoon Studio Web Site, Contact us
メニュー
雑記の更新
雑記

2012年2月11日(土曜日)

秋葉原変わりすぎて

Filed under: - Murayama @ 20時40分58秒

 先日、打ち合わせのために何年ぶり?下手したら5,6年ぶりに秋葉原へ行った。

 コナミに務めていた頃はかなりの頻度で訪れてはゲームを見て回り、カード屋をめぐり、何屋かわからない店を冷やかし、じゃんがらラーメンを食したりなどしていたのだがすっかり様相が変わっていたね。
 もう電気街ではなくなってると聞いていたが駅前もずいぶんとキレイになっていて、やや土地勘がズレて迷う。

 打ち合わせ後、もう観光気分でいくつか店に入ってみるも、ずいぶんと雰囲気違うなぁ。しかし、この強烈な消臭剤の臭いは一緒なのだなとやや安堵。
 はなまるうどんで夕食後、マッサージ屋に入り帰った。

 そんなわけで、遅いあけましておめでとうございます。


2011年3月23日(水曜日)

マジック・ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎 終了

Filed under: - Murayama @ 08時13分47秒

 東日本地震の影響は、本棚に積み上げられた本やゲームや模型が振り落とされた程度に済みましたが、その後の停電や日用品の品薄によりなかなか落ち着けない日々を過ごしております。

 さて、去年から手がけていたマジック・ザ・ギャザリングの小説の漫画化も最終回のチェックが終了して、我が手を離れました。原作小説の漫画用脚本化という勝手の違う仕事でしたが、いろいろと得る物、そして反省もありました。

 このプロジェクトにはすでにある程度進行していた段階での参加となり、詳細をもらった時にはすでに主人公であるチャンドラのラフ画はできていました。マジック・ザ・ギャザリングの世界観は非常に骨太、そして海外ファンタジーの強烈なイメージを持ったものですが、今回はそれを日本的コミックの世界へと溶け込ませるのが意図のようで、チャンドラのラフは実際にコミック化されたものと、ほぼ同じ状態でした。

 年齢設定も原作小説よりも低め、ティーンエイジャーとなっており、その年齢の女の子としての考え方、感じ方を元に脚本化を進めていったのですが、チェックを行う米国側との意識の差、というか少女像の差なのでしょうか、かなり強い女性というイメージを求められ戸惑うことが多い一年の作業でした。

 そういった中で、コミック版チャンドラは結構不安定な性格のキャラクターに結果的になってしまいましたが、ある種の面白さをもったものになったかもしれません。
 気に入らないと燃やしちゃう人だし(笑)。


2010年10月7日(木曜日)

アメリカとの感覚の差

Filed under: - Murayama @ 19時30分46秒

 現在、電撃マ王にて「マジック・ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎」の脚本の仕事をしています。
 もともとは懇意にしている編集者からの「マジックって知ってる?」という話から始まったこの仕事、過去にマジックをプレイしていた事もあり、受けたのですがアメリカとの感覚の差にとまどうことが多いです。

 この作品、もともとはアメリカで書かれたマジック・ザ・ギャザリングの世界の小説を元にして、それを漫画用の脚本へと起こしているのですが、小説版はかなりの分量があり内容の変更やプロットの削除をしないと漫画用の脚本にはできない状態です。また、日本のコミック的な感覚への変更もありますので元のままというわけにはいきません。
 しかし、この変更点に関してアメリカ側との感覚の差がよく問題になります。

 特に、主人公(ヒロイン)であるチャンドラに関して「強い女」のイメージにかなりの差があります。
 基本的に強い女性であるのは間違いないのですが、その意識の差がかなりあり、日本的な別の一面を見せてキャラクターの厚みを出すという演出がネガティブに取られて規制が入ってしまいます。
 当初予定していたプロットの変更も迫られたりと大変ですが、まぁそういう作業も含めて発見も多いとは感じています。

 あと、最近のマジックのカードにも慣れないとなとリストを見たりブースターを買って剥いてみたりしてますが、わたしがやってた当時(IceAgeからTempestぐらい)とずいぶんと違っていて、また集めてみようかなという気持ちも出てきたりして危険です。カードゲームはびっくりするぐらい金食い虫ですし。

GoblinPyromancerイラスト.jpg


2010年3月16日(火曜日)

頭が痛い

Filed under: - Murayama @ 04時46分24秒

 スプリンターセルの記事からの関連でC.A.R SYSTEMの銃撃ってる動画見てたらマネしたくなって、サイドテーブルの中に入れてあるガスガンを取り出して遊んでたら、弾が充填してあったの忘れてて……

 BANG!

 仕事用のPCモニターの真ん中に穴が……

 アホすぎる。泣きたい

ana.jpg

P.S 川は渡らない事にしました


2010年1月27日(水曜日)

決断

Filed under: - Murayama @ 06時36分06秒

 某社よりオファーを頂く。
 そのこと自体は非常にありがたいのだが、個人的には非常に悩む話であった。受けるべきか、どうか。今、この時も悩んでいる。

 どうしたものだろうか……

 ルビコン川は小川だと聞く。だが、それを渡る気持ちはどんなモノだったのだろうか。
 そんな気分。

 


カレンダー
2014年 7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別過去ログ
カテゴリ一覧
2002 (C) BlueMoonStudio